うつ病改善の為にサプリメントを利用【処方箋の効果を高めてくれる】

薬や休息のほかに大切な事

女性

体質を改善して病気に勝つ

引越しや進学などの生活環境変化や、仕事で忙しく疲れていたり、人間関係が上手くいかなくなったりした時など、うつ病を発症する要因はたくさんあります。特に、職場の人間関係やご近所付き合い、勉強への不安など、現代人は常にストレスに晒されていると言っても過言ではありません。そのような背景から、ここ数年で、うつ病の患者数が急増しており、通院や入院で治療に取り組んでいる人が多くいるのが現実です。うつ病には「抗うつ剤」などの薬が処方され、求職するなどして休息を取り、ストレスがかからないような生活環境を整えることが、効果的と言われています。その他にも、うつ症状を抑えるようなサプリメントが効果的と言われており、症状に合わせて飲み続けると体調が良くなることが期待できます。うつ病の原因は、脳内物質の分泌が原因と言われていますが、その中でも特に関係してくるのが「セロトニン」と呼ばれる物質です。セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、この物質が多く分泌されることで、幸せな気分になったり楽しい気持ちになったりすることができます。うつ病になると、このセロトニンの分泌が減少すると言われており、治療でコントロールしていくことがカギとなります。セロトニンの原料は、アミノ酸の一つである「トリプトファン」で、サプリメントでトリプトファンを補うことがセロトニンの分泌に大きく役立ちます。トリプトファン入りのサプリメントには様々な商品がありますが、金額は一か月分で五千円から一万円ほどが主流のようです。サプリメントは、継続して摂取することで効果が得られるため、自分のお財布と相談して、長く購入していけるものを選ぶ必要があります。うつの症状には、倦怠感や脱力感などの精神的な症状の他に、睡眠不足や食欲不振などの体の症状が表れることがほとんどです。そのため、サプリメントを選ぶ際は、睡眠に効果がある「メラトニン」など、他の成分にも気を遣って選ぶとより効果的です。睡眠は規則正しい生活の第一歩であるため、メラトニンを摂って熟睡できる体を作ることは、うつの症状を抑えることにつながります。また、うつ病の人で、便秘や下痢など、普段から腸に問題がある人は、整腸作用があるサプリメントを選ぶことをおすすめします。腸は「第二の脳」と言われるほど大切な臓器であるため、腸内環境を整えることは、セロトニンなどの脳内物質にも関係してきます。ヨーグルトや納豆など、腸に良い食品を多く摂ることも大事ですが、サプリメントで効果的に体質を改善していくことが、うつに負けない体を作るとも言えます。サプリメントは、その成分によって、様々な種類のものが販売されていますが、自分の体調や症状に合わせて、長く購入できるものを選ぶことが大切です。

Top