うつ病改善の為にサプリメントを利用【処方箋の効果を高めてくれる】

代替医療を取り入れる

錠剤

有効な摂取を

現在、使用可能な抗うつ剤を駆使してもすべての人がうつ病を寛解できるわけではありません。その中で、うつ病の成因研究が進み、様々な薬剤の開発が行われています。現代の医療は西洋医学が主流です。そのため、うつ病の治療も西洋医学に基づいた治療法がとられていますが、西洋医学では原因のわからない複雑な病気や精神的な要素が関与する病気の場合、充分な効果が得られないことも多いです。そこで古くから存在していたのが西洋医学以外の治療法で、これらが補完・代替医療といい、医師が処方するサプリメントなども含まれています。たとえば、ヒドロキシントリプトファンはうつ病に深く関係している神経伝達物質セロトニンが生成される源の一つであるアミノ酸のひとつで、トリプトファンから生成される物質です。経口投与するとトリプトファンよりも脳へ取り込みやすいので、脳のセロトニン合成を効率的に促進することが期待できます。実際にヨーロッパではうつ病の治療薬としても処方されています。ヒドロキシントリプトファンは不安やイライラ、焦燥感の強いうつ病などに有効性があることがわかっている物質です。研究者の中には、抗うつ剤のSSRIと同程度有効であると述べている人もいて、一日当たり、150mgから600mgの摂取が良いとされています。トリプトファンやヒドロキシントリプトファンのサプリメントは、三環系抗うつ剤などと併用すると相互作用で、抗うつ剤の有効性が増すとされています。同様にうつ病の治療に用いられるサプリメントとして、SAM-eというATPとメチオニンから合成される物質があり、人の体の細胞内に広く存在し、身体機能に大きく関与しているのが特徴の物質です。神経伝達物質の生成はもちろん抗酸化酵素や炎症や痛みの緩和も関わっています。脳のセロトニンやドーパミン機能を促進させる作用があるサプリメントで、三環系抗うつ剤と比べると即効性があるとされています。1日に400から1600mgをビタミンB群やカルシウム、マグネシウムなどとともに摂取するとより効果を発揮し、アメリカなどでも人気のあるサプリメントの一つです。多くの人にとって食べることは怒りや不安、孤独というマイナスの要素を抑えたり、鎮めたりしてくれます。栄養というのは人間の精神状態もしくは気分の安定にはとても大切です。体も脳も正常に働くためには十分な栄養が必要であり、健康な栄養バランスを維持することこそがうつ病の予防にもつながります。

薬や休息のほかに大切な事

女性

うつ病は、脳内物質セロトニンの分泌減少が原因とも言われているため、セロトニンの材料であるトリプトファン入りのサプリメントは大変効果的です。その他にも、睡眠を促す成分や腸内環境を整える成分など、自分の体調や症状に合わせて選ぶことが大切です。

Read More

安心できるサプリの利用

聴診器

うつ病の治療は医療機関で適切に行うことも大切ですが、自覚症状がある場合はサプリメントを使用してその緩和に努めることができます。それぞれの成分の持つ効果や働きかけを把握してから、最適なものを選べるのがメリットです。

Read More

副作用はないので安心です

錠剤

うつ病は日本人に増加している精神疾患のひとつですが、気分の落ち込みや不安感、睡眠障害などが見られるようになります。サプリメントは病気を治す効果がありませんが、不足しがちな栄養素を補うことができます。副作用もほとんどないので安心できます。

Read More

傷ついた心に気づいたら

服用

うつ病の予防、改善にはサプリメントが有効です。カルシウムなど感情の安定に作用する栄養素が含まれた物を選ぶことと、飲み続けやすい値段の物にすることの二つのコツを押さえ、自分に合ったサプリメントを見つけましょう。

Read More

Top